2008年6月21日 (土)

Hiro Ebata Guitar #006

今回完成した、HiroEbataGuitar のこだわり(笑)

まず、今回はこのペグです。
510peg02_2
この画像だけでどこのメーカーかはお解かりになる方もいらっしゃるかもしれません。
日本が誇るGOTOH製です。
Ebataさんのギターの純正は今まではドイツ製のシャーラーでした。最近は510シリーズになっているみたいですが。

Kiji_2 このペグ。
以前のアコースティックギターマガジンに掲載された記事をお読みになった方はピンと来るかもしれませんが、
「スーパーアコースティック糸巻」
として特集記事が組まれていたペグです。
材質、塗装など一から共同開発されたペグになります。

510peg_3  セットで見るとこのような感じになります。
正直、実売価格はペグとしては相当お値段も。。。。。

あの記事の後、気になっていて探してはいたのですが販売店などが見つかりませんでした。

なので、ディーラーである S.I.E. さん (アレッシーのペグや、AccordCaseの代理店さんです。)に問い合わせをして販売店を教えて頂きました。しかも担当の方の御好意で、S.I.E.さんに有る販売種類在庫全てを販売店さんで見られるようにまで。

手にとって感じたのは精度が高いなぁと。
実際にチューニングしてみない事には解らないというのも有りますが、このペグは回してみただけでとても気に入ってしまい、お持ち帰りして来た次第です。
クラシック系の後藤社製品の精度の高さを基本にしつつ、スチール弦用に一から開発した物だそうで、
つまみ部分は黒水牛の角の削りだしになってます。

そして、Ebataさんにお願いをしてこのペグでの製作をお願いしました。
1つとても大きな問題が待ち受けているとは思いもしませんでしたが。。。。。

ペグを持ち込んで数日、Ebataさんから連絡が有り。
ブッシュの径が合わない。。。。。。
で、ふと思い出したのが、元々はシャーラーが基本。

そうなんですよ、Ebataさんが作られている治具がシャーラーなどをはじめとしたサイズのブッシュ径で作られておりました。
ペグが届いたのが、前もって持ち込むと言っておいたとはいえ、先にヘッドに穴が空けられておりました。。。。
しかも、このペグの塗装が特殊すぎて、同じものでのコンバージョンブッシュが無い。。。。。色々試行錯誤を繰り返してはみたのです。

結果を言えば、完全特注で作って頂くという事で落ち着きました。
とても感謝です。

このペグ。本当にお勧めです♪
難点はほぼ同じ金額でウェバリーが2セット買えるという事位です(苦笑)

Tamazo

2008年6月20日 (金)

Hiro Ebata Guitar #005 完成

久しぶりの更新です。
Hiro Ebata Guitar オーダー品が完成しました。
Ebatagf
オーダー内容としては、
Top: European spruce top
Side&Back: Madagascal Rosewood
Bridge : Madagascal Rosewood
Neck : Hondurus Mahogany
Fingerboard : Ebony
Finish : All French polished

他にも色々ポイントは有りますが、基本はこんな感じです。


サイドバックのマダガスカルローズウッドも最近はMARTINをはじめ多くのメーカー、ルシアーさんが使っており人気が出てしまったので手に入りにくくなってしまったそうです。Ebatagr

結構色が濃いめの材料でお願いをしましたので、杢目が結構良く出ていてとても素敵です。

実際にオーダーウェイティングから製作着手までに約1年〜1年半程度、その後完成までに約5ヶ月という感じでした。
でも、その待っている間の時間がとても楽しく、ロゼッタにワンポイントのインレイをお願いしたのですが、とても綺麗です。

材料を選ぶ所から、ネックの握り、塗装の種類、インレイのデザインの相談、音のイメージ、などなど全てをEbataさんと話しをして考えながら決めて来ましたのでとても満足しております。

肝心の音も低音の重厚感、透き通る高音、やはりsomogyi氏のお弟子さんだけあって音の傾向は似ています。が、Ebataさん御自身のイメージする音の方向性が、やはり日本人で有る自分の感性と同じ方向性を向いている気がします。

このブログを御覧頂いている方々は、自分のギターMARTINなどのページも御覧頂いていると思いますのが、まったく目指す音が違うと思います。
somogyi氏のギターなどルシアーギターをお使いの方々は結構フィンガーピッカーの方が多いと思います。自分もどちらかと言われればフィンガーピッキングの方が好きです。

でも歌の伴奏の楽器としての役割もギターには求めてしまいます。

「歌に寄り添う音」

それがこのギターでは自分が思い描く音を出してくれると感じています。
まだまだ出来上がったばかりで、しかも初期調整をアンフィニカスタムワークスさんにお願いしておりますので、今は手元を離れておりますが戻り次第レポしたいと思います。

ちなみにアンフィニカスタムワークスさんのワークレポートの中で紹介されているうちの1本がこのギターです。

では、又♪

Tamazo

 

2008年1月27日 (日)

Hiro Ebata Guitar #004

先日、HiroEbataGuitarsへ製作進捗を見に行って来ました♪

前回の記事でブックマッチ接着が終わったと書いていたのですが、もうTOPとSIDEは接着されておりました。その画像はこちらです。(ブレーシングの内容に関しては、ルシアーの秘密も有ると思いますので画像処理させて頂いております。)
Blace

HiroEbataGuitarsではサイドはダブルレイヤー構造なので、とても頑丈に作ってあるそうです。

又、お見せ出来ませんがブレーシングもとても丁寧な仕上がりとなってます。

後、今回出来上がって居た所はこの状態と、ネックは削りに入る前という感じでヘッドの部分は出来上がっておりました。

Head

ヘッドのツキ板はボディーサイドバックと同じくマダガスカルローズです。このヘッドのセンターのラインはお願いして入れて頂きました。通常のモデルは入っていないそうです。

ペグは持ち込みにしようと思っておりますので、現在合いそうなのを探してます。今、HiroEbataGuitarsではシャーラーが標準仕様ですが、この先Gotohの510に変わるというお話しはして頂きましたので、510をオーダーで組み合わせをしてみようと思ってますが、、、個人的にはWaverlyは好きなので、今悩み中です(笑)

まだ他にも写真は有るのですが内部画像が多いので、今回はこの辺までにしておきます。

では、又アップしていきますね♪

2008年1月18日 (金)

Hiro Ebata Guitar #003

オーダーをお願いしているHiroEbataさんから現状の進行状況と写真を頂いたので、少しアップしたいと思います。

最近、HiroEbataさんのギターの事で色々と繋がりを頂き、オーナーの方々ともお話しをさせて頂く機会が増えて来たのでとても嬉しく思っております。

さて、現在の進行状況ですが。
まずTOP,BACK共にブックマッチ接着が終了して、BACKに関しては現在ブレーシングもほぼ完成しているみたいです。(内部画像はご勘弁下さい。)
Back センターバックストリップも入っていて、マダガスカルの木目も綺麗に出ているのが個人的に気に入ってます。
前回材料を決めに伺わせて頂いた時には、一番柾目に近い材料を選択させて頂いたので、そんなに迫力が有る訳では無いのですが、これはこれで綺麗だなぁと自己満足です(笑)

そして、サイドに関しては現在ベンディング作業も終了して既に箱の形に成り始めてました。作業が思ったよりも早いのでビックリしてますが、嬉しくもあります。

バックブレーシングもスキャロップがとても綺麗に入れて有ったりと、とても手間と時間の掛かる作業だなと見ていて感嘆しました。

Sideebata 今回のオーダーはカッタウェイなので、既にカッタウェイの部分も完成しているみたいです♪
サイドはHiroEbataGuitarsではErvin Somogyi氏のギターと同じくダブルレイヤー構造になってます。

完成がとても楽しみになって来ました♪
こうして自分が所有するギターの製作過程を見る事は初めての経験なので、ひとつひとつの作業がとても丁寧に行われているのを見て、感慨深いです。
実は今回こうして写真をEbataさんからご好意で頂きましたので、他への転用はお控え頂ければと思いますので、ご協力をお願い致します。

又近いうちに他の部分もアップ出来ればと思いますので、お付合い下さい。

@Tamazo

 

2007年11月23日 (金)

Hiro Ebata Guitar #002

さて、材料決めて来ました♪

結構もの凄く悩んだんですけど(笑)
TOP : ヨーロピアン(ジャーマン)スプルース with ちょっとベアクロウ
SIDE,BACK : マダガスカルローズウッド
です。


Top
Back01
Side01

トップは結構ストレートな目ですが、ちょっとベアクロウが入っている材料でお願いしました。タップトーンはちょっと高めです。
サイドバックのマダガスカルローズは在庫の中で一番目がストレートな物を選びました。
今、世界中のメーカーさんやルシアーさんがハカランダの代替品として使用しているので、既に結構ストレートな柾目よりの物は手に入りにくいそうです。
板目の結構目が派手な物も有ったのですが、色も濃いめが良かったので写真の材料でお願いしました。

細かい所は又レポートして行きたいと思ってます。
完成は5月予定だそうなので、首を長くして(笑)楽しみに待とうと思ってます。

2007年11月21日 (水)

Hiro Ebata Guitar #001

さてさて、今回は手工ギターのルシアー Hiro Ebata さんのギターについてです。

出会いは去年の夏だったかな?まだメーカー系ギターを中心に弾いていた時に、たまたまEavin Somogyi 氏のギターを弾く機会に恵まれました。
で、びっくりした訳ですよ(笑)衝撃でした。

そしてそのギターの値段にもビックリして(笑)
MARTIN や Gibson に無い音を求める様になって行きました。

その後色々ネットや書物で調べていると、出てくる出てくる。。。
いったいこの世の中には何人のルシアーの方がいらっしゃるのかという位、相当数の手工系のギターがこの日本で販売もされておりました。

色々見ていても実際に音を聞いてみない事には始まらないので、お茶の水の某楽器店などで色々弾かせて頂きました。
その頃ちょうど、Acoustic Guitar Magazine で亀岡ギターの特集が組まれていたりして元々Somogyi氏のギターから始まった自分のルシアー系への熱は、Somogyi氏の系統の音が欲しいと思っておりました。
亀岡ギターはKen Oya さんの紹介で、somogyi氏のワークショッップに参加をしてヴォイシングを学んだのであって、somogyi氏の元で厳密に仕事をされて来た訳では無いそうです。それでも 押尾コータロー さんを初め様々な方々が今お使いになられているギターです。とてもお若いのにあのギターの完成度にはびっくりします。既にバックオーダーも数年との事です。

そしてSmogyi氏には直系の日本人の弟子の方がいらっしゃいます。
そのうちのお一人が、Hiro Ebata さんでした。

とある記事でお見かけして、mixiでも情報を頂き、去年の年末にコンタクトを取らせて頂きました。
そして、1月にまだ神奈川に工房がある時に伺ってサンプルを弾かせて頂きました。

すぐさまウェイティングリスト入りさせて頂きました。

そして今月、Ebataさんから連絡を頂き製作が可能になったとの事で数日中にでも伺って仕様を決めて、材料を決めて、又完成まで待つ予定です。
やりたい事はいっぱい有れど予算との戦いです(笑)

これから製作途中の状況などをアップもしていきたいと思っております。

Hiro Ebata Guitars
http://www.ebataguitars.com/

Japan Design Net ・Ervin Somogyi 氏の工房訪問記事
Hiro Ebata氏が一緒に取材されております。
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/SA/10/index.html

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック