2010年12月10日 (金)

SUNRISEピックアップ

 Ebata Guitar 2号機もようやく落ち着いて来た感じがする今日この頃です。

 今回はちょっと、SUNRISEに関する事でも書いてみようかなと。
 言わずと知れたサウンドホールに取り付けるタイプのピックアップとしては、フィンガー系の人を中心に絶大な人気を誇るピックアップです。

 まぁ、音はそこはマグネットピックアップ。どうしても1、2弦はエレキっぽくなっちゃいますよね。でも、自分は現在3個のSUNRISEを一応専用としてギターに取り付けておりますが、どうも最近の個体は少し音が変わった感じがします。
 勿論材料の調達などの都合で多少の遍歴は有るんでしょうが、今の新品の物の方が以前のものよりもクリアさが増した気がしてます。

 自分はピックアップシステムは、アンフィニカスタムワークスさんのピックアップシステムを主としているのですが、やっぱり出来ればSUNRISEは使いたく無いのです。
 確かにマルチピックアップシステムというのは素晴らしいシステムで、M-Factoryさんの提唱するこの組み合わせというのはとても素晴らしいと思います。

 しかし、普段はSUNRISEはやはり重いんですよ。

 自宅で生で弾く場合はSUNRISEの方向性(TOPの振動を重量で押さえてハウリングを低下させる)というのは必要無い訳で。 ラインで音だしをする時以外は自分は外しておきたい訳です。

 どうしてもTOPの振動が抑えられてしまうので、確かに付けたままで弾いてるとギターがそれに慣れて鳴って来るというよりも自分の耳が慣れて来るんですが、まぁプラシーボの範疇です。

 とはいえ、SUNRISEはTOPを挟み込んで固定をするので、どうしても外すのが結構面倒な訳です。で、一番の問題は外す時にピックアップの端の尖ったが引っかかって抜けにくいのです。
L1040261

で、どうするか。

削りゃいいんです。
今回は400番のペーパーで削りました。

L1040263

こうするとさくっと取り外しが出来ます。

Ebata Guitar を弾いている仲間から教えて貰いました♪

うん、削りゃいいんですw

で、この利点。
取り外しが楽になったのと、実はピックアップの端をストレートにする事によって指が引っかかりにくくなった事、親指置けちゃうw など、結構メリット多いです。

SUNRISEで取り外しが面倒な方はお試しあれ。

で、取り付けたまま移動する場合は。

L1040271

スーパー落下防止段ボールストッパーが便利ですよと。
意外と移動時には外れる危険性が高いので、こうしておけば安心♪
M-factoryの三好さん、アンフィニの藤岡さん推奨だったかと。

お試しあれ♪

2010年10月 1日 (金)

チューニング、されどチューニング

何やら Twitter 上(@tamazo_k) で呟いていたらフォロワーさんが急増したので(苦笑

Peterson tuner APP について書きたいと思います。

まずは Peterson tuner とは?という人の為に、本家サイトです。

チューナー一筋、独自のフラッシュチューニング技術によって、とてつもなく細かいチューニングが可能なチューナーです。
ピアノの調律や弦楽器、はたまた古楽器まで対応するという、元々は完全プロ仕様のチューナー達です。

で、今回書くのはその中でもちょっと異色の iphone, ipod touch で使えるappです。


Mzlizjxkcps320x48075

このチューナーアプリ、日本の app store で1,200円です。
appにしてはちょっと高いのかな?とも思いますが、でもハードのチューナーが数万円している事を考えるとこの値段は驚異的です。

ハードのチューナーと違う点は、スイートナーと呼ばれる楽器ごとの細かいセッティングが無いという点でしょうか。
それが無いとしても、1/10th centでチューニングは可能ですし、チューナーの画面、
Mzliopwupsr320x48075

も、ハードと基本的に同じなので見やすく使いやすいです。

何より使い始めて感じているのは、良い意味でこのチューナーでのチューニングはとてもシビアだという言う事。
本当に細かいチューニングが可能なので、楽器のコードなどのバランスが一気に良くなった気がします。

ちなみに、iphone だとmicが有るのでそのまま音を取り込んでチューニングが可能ですが、ipod touchの場合は第2世代以降でないと対応していないようです。
第2世代以降は、イヤホンジャックの内部部分にマイク入力接点が有るのでオプションのmini-micを差してあげるか、変換ケーブルを使ってライン入力してあげるかという対応は必要みたいです。

ちなみに、変換ケーブルはこんな感じです。

L1040037

app本体が1,200円、変換ケーブルが必要な場合で+2,100円
と考えてもチューナーとしてこの精度が出せるものがこの値段は安いと思います。

特に、変則チューニングなどで音をシビアに決めたい時にバッチリ決まるのは気持ちが良いかと。

実際に iphone のマイク入力だけで使ってみましたが、周りが多少音が有っても結構優秀に音を拾ってくれました。
勿論、変換にクリップマイクなんか付けるともっと良いかもしれないですよね。

ギターに限らず、Vl, Vc, などの人にも是非是非お薦めしたいチューナーアプリでした。

2010年1月30日 (土)

Capo の事

Capo よく無くすのです(笑)
ライブやスタジオで何処かへ無くなったりしませんか?

じゃぁ、名前を書いてしまえば(笑)無くならないのでは無いかと。
でもテプラを貼ったり、ましてやマッキーなどで書くのは嫌だったので、じゃぁ彫り込んでしまえと。

L1030014

下文字などを鉛筆でカポに書いて、ルーターで彫り込んでしまえば、まぁそれなりには見えるかと思った訳です。

流石に彫っている時に写真が撮れないので、完成後の写真ですが。


L1030018


今回は、G7カポとNSカポに彫り込みを入れてみました。
彫った所に色を入れようか迷ったのですが、このままの方が見栄えも良いかなと。

後はカポが無くさないように気をつけねば(笑)

2006年7月11日 (火)

ghs VINTAGE BRONZE

■ghs VINTAGE BRONZE■

Ghsvintage 久しぶりの更新になってしまいましたが、今日は弦に関して書きたいと思います。
先程、Gibson SouthernJumbo W.G にタイトルにもした
ghs VINTAGE BRONZEのLight を張りました。

ちょっとびっくりです!!
今まで色々な弦を使って来ましたが、懐かしい音がします(笑)
フォスファーでは無い純粋なBRONZEなので、弦で無理にキラキラしてません。
弦のタッチもフォークな感じが色濃いです(笑)

前回、Gibson SouthernJumbo W.GにはEverly 7212 (Acoustic SESSIONS)Phosphor Bronze

を張って弾いて来たのですが、自分的には今回のghsの方が楽器に合っている気がします。
最初に言っていたBrightBronzeでは無くVINTAGE BRONZEを張ってしまいましたが、
キャラクター的にはかなりのお気に入りです。
弦の寿命や手に入れやすさ(値段)を考えるとちょっとコストがかかる弦のような気がします。

そういえば、最近はブロンズよりもフォスファーの方が安い・・・・
ちょっとやるせないです(笑)
でも決してフォスファーが嫌いな訳ではありません。楽器との相性ですかね。

以下、資料

■ghs VINTAGE BRONZE■
SET VN-L(LIGHT)
1st:012
2nd:016
3rd:VN24
4th:VN32
5th:VN42
6th:VN54

2006年6月 2日 (金)

MARTIN MSP4100 PhosphorBronzeLight

<MARTIN MSP4100 PhospherBronzeLight>

Msp4100 今日はMARTINのMSP4100です。弦が続いていますが・・・・ギターは又明日にでも。
で、スペックは以下の感じです。

1E:.012 Bronzed Steel
2B:.016 Bronzed Steel
3G:.025 Phosphor Bronze Wound
4D:.032 Phosphor Bronze Wound
5A:.042 Phosphor Bronze Wound
6E:.054 Phosphor Bronze Wound

フォスファーブロンズの基本となる音ではないでしょうか?明るすぎず、かといってストロークなどの分離も程よい感じで、自分は基本的にこの弦をエレアコなどには張ってます。
後述しますが、所有のMARTINにも基本的にこの弦を張っています。(ただ、一台はフォスファーではなく、通常のブロンズ弦を張ってますが・・)
難点といえば、弦が鳴らなくなってくるとかなり音が変わるという事位で、、、欲を言えば、低音弦の芯がもうちょっと欲しいかなぁ・・・・

いずれにせよ、バランスの良い弦なので迷った時はこれを使っておけば大丈夫でしょう。

2006年6月 1日 (木)

Everly 7212 (Acoustic SESSIONS)

Everly 7212 (Acoustic SESSIONS)Phosphor Bronze

Sessions 以前から気になっていた弦を Gibson W.G SouthernJumbo に張ってみました。
キャラクターはかなり明るめで、MARTIN MSP4100 と比べてもかなり明るい印象です。
低音弦(4.5.6)が .001 太くなってますが、その影響はあまり感じません。
輪郭がハッキリしているので、ストロークをした時のギブソンらしい明るさをさらに強調してくれている気がします。
分離は良い感じはするのですが、微妙に単音で弾くとコシが弱い気がします。
ヴォーカルバックのストロークやバンド内でも演奏では存在感も出て(明るい感じ)良いと思いますが、インスト物をやるとなると明るすぎる気がします。キャラクター的に嫌いでは無いのですがね・・・

いずれにしても、張った楽器もまだ若いのでこれから楽器自体の音が成長してくれば又印象は変わるかもしれませんが・・・・

でも、嫌いな音では無かったので暫くは使ってみようかと。でも、基本的にフォスファーは明るすぎるのが多いので、あまり好きではありませんが・・・・

あ、そうそう。多分今後もここには登場予定が無いので書いてしまいますが、Elixerは一番嫌いです(笑 なぜかというと・・・・なんかぬるっとする!!コーティング弦だから仕方無いのかもしれませんが・・・・
ブロンズ弦でひたすら弾いてきた身としては、ちょっと耐えられません(笑

次回の弦はMARTIN MSP4100 予定です。もしかしたら、GHS Bright Bronze になるかも(笑

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック