« 2010年7月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年10月 1日 (金)

チューニング、されどチューニング

何やら Twitter 上(@tamazo_k) で呟いていたらフォロワーさんが急増したので(苦笑

Peterson tuner APP について書きたいと思います。

まずは Peterson tuner とは?という人の為に、本家サイトです。

チューナー一筋、独自のフラッシュチューニング技術によって、とてつもなく細かいチューニングが可能なチューナーです。
ピアノの調律や弦楽器、はたまた古楽器まで対応するという、元々は完全プロ仕様のチューナー達です。

で、今回書くのはその中でもちょっと異色の iphone, ipod touch で使えるappです。


Mzlizjxkcps320x48075

このチューナーアプリ、日本の app store で1,200円です。
appにしてはちょっと高いのかな?とも思いますが、でもハードのチューナーが数万円している事を考えるとこの値段は驚異的です。

ハードのチューナーと違う点は、スイートナーと呼ばれる楽器ごとの細かいセッティングが無いという点でしょうか。
それが無いとしても、1/10th centでチューニングは可能ですし、チューナーの画面、
Mzliopwupsr320x48075

も、ハードと基本的に同じなので見やすく使いやすいです。

何より使い始めて感じているのは、良い意味でこのチューナーでのチューニングはとてもシビアだという言う事。
本当に細かいチューニングが可能なので、楽器のコードなどのバランスが一気に良くなった気がします。

ちなみに、iphone だとmicが有るのでそのまま音を取り込んでチューニングが可能ですが、ipod touchの場合は第2世代以降でないと対応していないようです。
第2世代以降は、イヤホンジャックの内部部分にマイク入力接点が有るのでオプションのmini-micを差してあげるか、変換ケーブルを使ってライン入力してあげるかという対応は必要みたいです。

ちなみに、変換ケーブルはこんな感じです。

L1040037

app本体が1,200円、変換ケーブルが必要な場合で+2,100円
と考えてもチューナーとしてこの精度が出せるものがこの値段は安いと思います。

特に、変則チューニングなどで音をシビアに決めたい時にバッチリ決まるのは気持ちが良いかと。

実際に iphone のマイク入力だけで使ってみましたが、周りが多少音が有っても結構優秀に音を拾ってくれました。
勿論、変換にクリップマイクなんか付けるともっと良いかもしれないですよね。

ギターに限らず、Vl, Vc, などの人にも是非是非お薦めしたいチューナーアプリでした。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年12月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック