« Hiro Ebata Guitar #005 完成 | トップページ | S.yairi YD-301 »

2008年6月21日 (土)

Hiro Ebata Guitar #006

今回完成した、HiroEbataGuitar のこだわり(笑)

まず、今回はこのペグです。
510peg02_2
この画像だけでどこのメーカーかはお解かりになる方もいらっしゃるかもしれません。
日本が誇るGOTOH製です。
Ebataさんのギターの純正は今まではドイツ製のシャーラーでした。最近は510シリーズになっているみたいですが。

Kiji_2 このペグ。
以前のアコースティックギターマガジンに掲載された記事をお読みになった方はピンと来るかもしれませんが、
「スーパーアコースティック糸巻」
として特集記事が組まれていたペグです。
材質、塗装など一から共同開発されたペグになります。

510peg_3  セットで見るとこのような感じになります。
正直、実売価格はペグとしては相当お値段も。。。。。

あの記事の後、気になっていて探してはいたのですが販売店などが見つかりませんでした。

なので、ディーラーである S.I.E. さん (アレッシーのペグや、AccordCaseの代理店さんです。)に問い合わせをして販売店を教えて頂きました。しかも担当の方の御好意で、S.I.E.さんに有る販売種類在庫全てを販売店さんで見られるようにまで。

手にとって感じたのは精度が高いなぁと。
実際にチューニングしてみない事には解らないというのも有りますが、このペグは回してみただけでとても気に入ってしまい、お持ち帰りして来た次第です。
クラシック系の後藤社製品の精度の高さを基本にしつつ、スチール弦用に一から開発した物だそうで、
つまみ部分は黒水牛の角の削りだしになってます。

そして、Ebataさんにお願いをしてこのペグでの製作をお願いしました。
1つとても大きな問題が待ち受けているとは思いもしませんでしたが。。。。。

ペグを持ち込んで数日、Ebataさんから連絡が有り。
ブッシュの径が合わない。。。。。。
で、ふと思い出したのが、元々はシャーラーが基本。

そうなんですよ、Ebataさんが作られている治具がシャーラーなどをはじめとしたサイズのブッシュ径で作られておりました。
ペグが届いたのが、前もって持ち込むと言っておいたとはいえ、先にヘッドに穴が空けられておりました。。。。
しかも、このペグの塗装が特殊すぎて、同じものでのコンバージョンブッシュが無い。。。。。色々試行錯誤を繰り返してはみたのです。

結果を言えば、完全特注で作って頂くという事で落ち着きました。
とても感謝です。

このペグ。本当にお勧めです♪
難点はほぼ同じ金額でウェバリーが2セット買えるという事位です(苦笑)

Tamazo

« Hiro Ebata Guitar #005 完成 | トップページ | S.yairi YD-301 »

HiroEbataGuitar」カテゴリの記事

コメント

今日のカレッタ汐留でのKWEENのライブ、ステージ下手の辺りで1歳の娘を抱っこして跳ねまくっていたのですが、気がつくとなんとすぐ横にやっぱりお嬢さんを抱っこしたTamazoさんが...!
恥ずかしくてお声も掛けられませんでしたが(というか、私の顔を覚えていらっしゃるとは思えませんし)、うちの娘はお嬢さんのことが気になるらしく、じーっと見てました(笑)。
20日にはエトウさんと一緒に、今度はステージに上がられるんですよね?内容的にも すご~く観たいのですが、平日上京はキビシイかな~。
(いつも本文と関係のないコメントですみません。いえ、これらかも本文に関係のあるコメントは多分私には書けそうにありませんがどうかお許しください...。)

フーガさんへ

あぁ、すんません。
コメント書き込んでくれていたんですね。有難うございます。

いやぁ、お恥ずかしい(笑)
これに懲りずに書き込んで下さい。
極力早めにお返事しますm(_ _)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hiro Ebata Guitar #006:

« Hiro Ebata Guitar #005 完成 | トップページ | S.yairi YD-301 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック