« GROVER ペグ交換 インペリアルゴールド | トップページ | Taylor 210-E #002 »

2008年2月 8日 (金)

お勧めアコギ用ピック

さて、前回告知のお勧めピックです。

自分は今まで色々なピックを物色してきました。曲によって、内容によって使い分けはしてきてはいるのですが、基本的にフィンガーピッキングが多いのであまり使う機会も少ないといえば少ないのですが、やはりピックの重要性は認識しております。

で、今までは
Martin073 ギターを始めた当初から使い続けているMARTINおにぎりピック。厚みは.73が多いです。
リードなどを弾く場合はもうちょっと厚めのピックを使う場合も有るのですが、基本的にはこのピックをメインで使い続けて来ました。

やはり10数年使っているとそれなりに使い方みたいなものは心得てくるようで、ピックでの音を判断する自分の中では基準の音になってしまっております。

その後、色々ピックを探していて使い始めたのが、TORTEXというDUMLOP製のピックです。
Tortex このピック、反応が早いので気に入って使っていたのですが、多少MARTINピックに比べると弦にひっかかる感じがするので、使いどころを選んで使っておりました。

結構リードを弾く時に重宝しておりました。

そんな中、出会ったのが、こちら。

Ultem Craytonの0.72mmおにぎりピック。写真は厚みが違いますがご勘弁を。
この素材ULTEMと呼ばれるポリエーテルイミド素材です。
このピック、反応も早くて、音の粒立ちも良いし、結構良い感じなのですが、最近国内で手に入れる事が何故か難しいです。
結構在庫が無く、お探しの方も多いみたいです。
アコースティックだけで無く、この材質のピックはエレキを弾かれる方にも概ね好評のようです。

さて、色々書いて参りましたがお勧めピックというからには。って感じですよね。
そのピックはこちらです。

Thin このピックは通常の楽器店では残念ながら手に入りません。
ロゴを見て頂ければお解かりになられる方も多いとは思いますが、「アンフィニカスタムワークス」さんのオリジナルピックです。
このピック、もの凄く反応が早いです。
レスポンスという面では、アコギにはこちらのピックがとても良いと思います。勿論、厚みも写真はTHINですが、MIDIUMも有ります。
材質はやはり確かULTEMです。只、Craytonと色が違って見えるのは材質の純度の差だそうです。
ギターをリペアに出した際に出会ったのですが、最近はこのピックをメインで使っております。
問い合わせをすれば小売もして貰えると思います。単価はここには記載しませんが、通常のピックと同等程度です。

なかなか自分に合う楽器、道具を手に入れるのは難しいとは思いますが、ピックで悩んでいらっしゃる方には試す価値はとても有ると思いますので、お勧めです♪

では又。

Tamazo

*次回は最近連投ですが、Taylor 210Eのペグを交換したのでそれを載せたいと思います。

« GROVER ペグ交換 インペリアルゴールド | トップページ | Taylor 210-E #002 »

AcousticGuitar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お勧めアコギ用ピック:

» いろいろな悩みも [ギター基本講座]
「ギター」のサイトを作成しましたのでトラックバックさせて頂きました。もし不要な場合はお手数ですが削除して下さい。失礼しました。 [続きを読む]

« GROVER ペグ交換 インペリアルゴールド | トップページ | Taylor 210-E #002 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック