« <一時補完> | トップページ | お勧めアコギ用ピック »

2008年2月 5日 (火)

GROVER ペグ交換 インペリアルゴールド

先日、KWEENのボーカルでもあるANNAN氏からメインギターのペグをカスタマイズしたいんだけどぉ~。と、連絡を頂いたので、ANNAN氏の所に行って来ました。

で、ANNAN氏のメインギターとはGuild D-100 という、何とも素敵なギター。
音も良ければ見た目も派手という、フロントマンが使うべきギターですね。
音の傾向は、今まで言われて来ている、MARTINとGibsonの中間のイメージ。というよりは、D-45に近いイメージです。流石フラッグシップモデルだけあって、ネックのバインディングはカーリーコアだったり、ネックのジョイント部分は彫刻されていたり、とても高級感が漂うギターです。
日本にいったい何本入ってきているんですかね?
ANNAN氏の以外だと1本しか現物は見た事が無いです。

で、そのペグ交換。外すまえは。102Gが付いてます。

◎Grover 102G (gold/6pcs/1set)
D100before D100bfr通常の102Gが使われています。
これはこれで素敵なんですけどね。

外した後のペグがこちら。

Grover 結構使い込まれて、ゴールドのメッキ部分が良い感じに剥げて来て雰囲気を醸し出しております。

外して思ったのは、やっぱりGROVERのペグは重い(笑)
それが、ヘッドの質量を上げて音を良くしているのかなぁとか、マニアックな事を考えますが(笑)それは、この際置いておきましょう。

で、外れた状態のヘッドの写真はこちらになります。

D100pgoff こんな感じです。
結構使い込まれて小さな傷も付いてますが、それが逆に良い雰囲気を作り出していると思います。
只、ペグを外した状態はそうそう無いと思うので、この際ちゃんと清掃しておくかなと。で、乾拭きをして◎Ken Smith Pro Formula ギターポリッシュ を使って磨き上げます。このポリッシュ、今市販されているポリッシュの中では格段に塗装にも良いと思います。只、ヴィンテージ品など気を使う楽器には充分の注意を持ってお使い下さい。 磨きあがりは結構手触りも良く、仕上がりも綺麗です♪

さてさて、 今回使うペグですが。

同じGROVERでも、型が違います。
109Gという、通称インペリアルペグです。
109g 違いは一目瞭然ですが、ペグのツマミの部分の形が違います。
最近、国内でめっきりパーツ売りで見なくなりました。
昔のグレッチのカントリージェントルマンなどにも使われていたのを記憶していますが、違ったらごめんなさい。

で、付け替えたのはこちらの写真になります。

D100aff D100afr 結構雰囲気が変わりますよね♪

いやぁ、かっこ良いです。
作業しながら羨ましがってました(笑)

このペグ、109Gは102Gと寸法がまったく同じ為、何も手を加える事無く付け替えが出来ました。
唯一手を入れたのは、裏の木ネジの寸法が若干、本当に若干ですが新しい方が小さく、元のネジ穴が少し緩くなっていたので、同じ木のペーストとタイトボンドで一度ネジ穴を狭くして、その後取り付けた事くらいです。

基本的には穴の位置は同じなので、次回取り外しても穴が増えているような事もありません。というか、ペグ交換した事が解らない様に作業しておきましたので(厳密には解るかもしれませんが。)

その様子をANNAN氏のブログでも見る事が出来ます。
2月22日のANNAN氏ソロライブでそのギターが見られるそうですので、気になった方は是非ライブに行ってみて下さい♪

ちょっと、順番が変わってしまいましたが、次回はお勧めピックです♪

Tamazo

« <一時補完> | トップページ | お勧めアコギ用ピック »

楽器メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GROVER ペグ交換 インペリアルゴールド:

« <一時補完> | トップページ | お勧めアコギ用ピック »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック