« Hiro Ebata Guitar #002 | トップページ | 年末ライブ »

2007年12月 3日 (月)

GUILD GAD-30 #004 & SUNRISE PICKUP

さて、ちょっと前から意外と反響の大きい GUILD GAD-30 です。
改めて記載すると、Fender傘下になってからのMade in China廉価版のGUILDです。

廉価版と書くと聞こえは悪いですが、前回記載の通りとてもこの金額とは思えない鳴り方で使いやすいです。
ネック幅も個人的に好みの太さなので(ちょっと太いかも)良いんですよ。
恐るべし中国。。。。

で、今回はそのGAD-30をライブ用途への転用を考え、ピックアップを取付ける事にしました。
そのピックアップとは、SUNRISE です。
まぁ、皆様ご存知のマグネットピックアップです。結構昔から有りますよね。
以前はエレキ臭くなるなどなど結構敬遠されがちなピックアップでしたが、最近は中川イサト師匠、押尾コータロー氏など、数々のフィンガーピッカーの方に好評で見直されて来ている気がします。

Bodyfb 取付け前はこんな感じのサウンドホール周りです。







Bodyf 取付け後はこんな感じになってます。



取付けに関してですが、まぁ、多少木工や微弱電流の知識は幸いにも持ち合わせておりますので、自分で行いました。
SUNRISEはS-2を購入すると、エンドピンとケーブル、コネクターなどが付属してきます。
今回は付属のエンドピンは使用せずに、Vintage Jack と呼ばれる物を使用しました。
Endpin
このVintage Jackですが、通常のシールドのコネクター(TRS or 47)を使用するタイプでは無く、Mini-pinを使用することによって、エンドピンの穴を広げる必要が無いという。
OLDギターなどを使用していて、エンドピンを広げたく無いユーザーにはもってこいなパーツです。
まぁ、このギターのエンドピンの穴を広げるには抵抗は無いのですが(笑)
手元に有るパーツがこれだったのと、このジャック用のケーブルを作ってあったので使用しました。

Conection 内部の接続は専用のコネクターがSURISEに付属して来ていますので、それを使用します。
写真に見えるプラスチックの止め具もセットに含まれてます。



Gad30front さてさて、完成写真です。
こんな雰囲気ですが、結構良いと思いませんか?
まぁ、好みもお有りだとは思いますが自分的には結構良いと思っております。
このギター、前回記載した通りポリ塗装なので周りの湿度にも結構影響を受けにくくライブ用途(野外も)にはとても良いと思います。

何せ、この金額なら色々気にしなくても良いですし(笑)

とはいえ、出来の良いギターだと本当に思っております。
本当に最近のギターは安くて良い音の出る楽器が出て来て嬉しいですよね。


では又♪

« Hiro Ebata Guitar #002 | トップページ | 年末ライブ »

AcousticGuitar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GUILD GAD-30 #004 & SUNRISE PICKUP:

« Hiro Ebata Guitar #002 | トップページ | 年末ライブ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック