« Hiro Ebata Guitar #001 | トップページ | Hiro Ebata Guitar #002 »

2007年11月21日 (水)

ストラップピン取付け

やっとというか、とうとうというか(笑)
Gibson Woody Guthrie Southern Jumbo にストラップピンを取付けました。


Pin


付け方に関しては、お世話になっているアンフィニさん推奨の場所に付けようかとも考えたのですが、昔からこの位置に付いているギターを弾く機会が多かったので、この位置にしました。

取付けは自分でやってしまいました。
まず取付け位置を決めて、マスキングテープで周りにも傷が付かない様に保護しておきます。
マスキングテープに位置決めをした所をゆっくりとキリで穴を開けて行きます。
そして、ストラップピンのネジよりちょっと穴が小さい程度まで開けたら、ネジを取付けて行きます。

今回はストラップピンは schaller のロックピンを使用してますので、ちょっとネジ自体が長い気がしました。でもその分しっかりした感じになってます。

キリでネジのガイドをゆっくり丁寧に作っておかないですぐにネジで入れようとすると、周りの塗装が割れてしまったり、最悪の場合ネックヒール自体にヒビが入ってしまう場合も有るので要注意です。

取付け位置に関しては、色々なサイトでも賛否両論あったりしますので色々参考にしてみて下さい。

« Hiro Ebata Guitar #001 | トップページ | Hiro Ebata Guitar #002 »

AcousticGuitar」カテゴリの記事

コメント

はじめましてokayamaと申します
Southern Jumboにストラップピンの取付を検討しています。
決断にあたり、ご助言を頂ければと思い書込みいたしました。
Tamazoさんが取り付けられた位置で演奏中の安定性や生音の変化等、Tamazoの感触をお教え下さい
よろしくお願いいたします

okayamaさま

コメント有り難うございます。
Southern Jumbo のストラップピンの位置に関してですが、取り付け位置はここでも問題は無いのですが、シャーラーのロックピンだとここだと結構後ろの出っ張りが大きくなるので、ロックピンを使うならネックエンドの位置に取り付けた方が良いかと思います。
参考URL
http://enfini-report.img.jugem.jp/20100210_753756.jpg
の位置の方が抱えた時に安定感は上がります。

ただし、中心に打たないとハイポジのリードに少しだけ干渉します。
自分の位置では干渉はしないので、演奏スタイルでお選びになっても良いんじゃないかと思います。

又、音に関してですが。
一切音には影響を感じておりません。
ご自身で打たれる場合は必ず先にキリなどでネジ受けの穴を空けておかないと、ネックにクラックが入る可能性も有りますので、ご注意下さいませ。

そんな感じで参考になれば幸いです。

Tamazo

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストラップピン取付け:

« Hiro Ebata Guitar #001 | トップページ | Hiro Ebata Guitar #002 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック