« GUILD GAD-30 #001 | トップページ | GUILD GAD-30 #003 & MARTIN 000C-16SGTNE »

2007年10月 8日 (月)

GUILD GAD-30 #002

さて、GUILD GAD-30 についてです。

この楽器、前述の通りとてもコストパフォーマンスが高いです。素材の音がきちんと出ている感じがします。
この値段でここまでの音が出せるものなのかと、、、
マホガニーらしい明るい音でまだ分離はちょっと甘いですが、弾き込んでいくうちに改善されるかなと。
音自体も軽くなりすぎず、ウェットな重たさも有るので低音も出過ぎずちょうど良いです。

又、細かい所ですが、ナット、サドルは牛骨であろうと思われます。
不思議なのがサドル形状がTASQの形状になっている点です。画像が大きめですが、確認してみて下さい。
Dsc00163

ナット幅は 44.5mmでちょっと幅が広いかと思います。D-28MQSなどを使用している身としては逆にこの太さは握りやすい幅だと個人的には思っております。

工場標準出荷時の弦はダダリオEJ-16が張られておりました。
この辺りは好みでいくらでも変える事が出来る所なので、後々このギターに合う弦も見つかるのでは無いかと思っております。
試しに、楽器店の好意で購入時に頂いたエリクサー(BRONZE)NANOWEB LIGHT を張ってみましたが、、、
どうもコーティング弦は個人的にダメみたいです。
滑りすぎてしまってミストーンが多すぎになってしまいます。慣れも有るのでしょうけど、タッチが合いません。
弦の音自体は決して悪いものでは無く、逆に思っていたよりも好印象なのですがちょっとエリクサーは僕には合いませんでした。

GAD-30 まだまだ評価もなかなか出て来て居ないギターですが、Fender傘下になった新生GUILDはとても素敵な方向に向かっている気がしてます。
代理店さんにもっと頑張って頂いて、これ程の良いギターはもっと普及しても良いのではないでしょうか?
値段的には初心者から中級者向けな感じの価格帯ですが、上級者の2本目としてもお薦めします。
でも、ギター始める人がこんな良いのが有ったらすぐに上達しそうです(笑)

ちょっと誤算なのは、GUILDのイナタイ感じを想像すると逆にもっときらびやかな音なので、そこら辺で好みが別れそうです。

後、本体とは関係ないですが、、、
保証書は入っているのですが、返送用の愛用者カードが入って居ないのは代理店のミスなのか、それとも販売店のミスなのか、、、それとも元々無いのか、その辺りも聞いてみようと思ってます。

« GUILD GAD-30 #001 | トップページ | GUILD GAD-30 #003 & MARTIN 000C-16SGTNE »

AcousticGuitar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GUILD GAD-30 #002:

« GUILD GAD-30 #001 | トップページ | GUILD GAD-30 #003 & MARTIN 000C-16SGTNE »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック