« ペグ | トップページ | ナッシュビルチューニング »

2007年5月24日 (木)

Taylor 210-E

つい先日、Taylor 210-E を手に入れました。旧モデル。
Taylor って自分の中ではとても高いイメージが有ったのですが、この210-E実売で10万ちょっと位で手に入れる事が出来ました。
ちょい傷ものって事だったのでこの値段だったのですが、その傷っていうのも店頭試奏でサウンドホール辺りに付いたピック傷って感じで、大した事が無かったです(実際購入後、ポリッシュで磨いてやったら消えました)

この210-E 良いですね(笑)エントリーモデルとは言えどやっぱりTaylor。

実はドレッドノートタイプでピックアップ付きのを探していて、色々暫く見ていたのですけどなかなか出会いが無くて。実際、楽器屋さんでColeClarkやHEADWAY、なども弾き比べたんですよ。
で、ColeClarkはラインの音はとっても良かったのですが(JackJohnsonの影響受け過ぎですが。。笑)
造りが微妙に気に入らない。。ネックとの接合部分とか、生で弾くと全然鳴ってくれないとか。。
HEADWAYは結構良かったのですが、ピックアップが内蔵してなかった。。
BlueRidgeも気になって弾いてみたのですが、ネックの形状が合わなくて却下(細すぎる)。

で、Taylor。
本数が結構置いてある楽器屋さんで、気にはなったけど、Taylorは高いだろうという固定概念でちゃんと見てなかった(笑)
店員さんと色々話していたら、エントリーモデルだけど良いの有るよって事で。

出たばかりの2007年モデルの210-Eがちょい傷であるから弾いてみないかと、で、この2007年モデル。
前のモデルから、バックの材とピックアップの内容が変わっているよと。
店員さん曰く、TOPがグロスフィニッシュになって、サイドバックがラミネートだけどローズウッドに変更になったとの事。後、ピックアップが変更。まぁ、前のモデルの仕様をその時点では知らなかったんですけどね(笑)
で、試奏。
う〜ん、悪くは無いけど。。。ラインがピエゾ臭すぎる。。。
あ、ピックアップ変更ってネック下のセンサーからピエゾ系に変更になったんですね。
コントロールは付いてると。
で、バックの材が変更。。。あれ?バックの内部にブレーシング無いんだ。。
で、次に持って来て貰ったのが、310CE カッタウェイ付きの一つ上のモデル。
うん、良いね。カッタウェイ欲しかったし♪
ん???
ローポジションがビビる。。。ネック、、あぁボルトオンなんだよね、Taylorって。
ん???
ピックアップは良いですね、ライン臭いけどボディーセンサーも付いてると。
う〜ん。悩むなぁ。

で、210-Eの前のモデル。
結局はこれになったんですけど、決定事項としては
ピックアップが、ES-BLUEの音(ラインすぎない)、全面サテンフィニッシュなので、あまり気を使わなくて良さそう。で、オール単板、TOPスプルース、SIDE&BACKサペリ。
このサペリって材初めて弾きましたがマホガニー系の音なんですけど、なんだろう。
もうちょっと固めで、目が詰まってる感じと言ったら良いのでしょうか?

いいじゃないですか♪

って事で決定しました。

これからTaylor のエントリーモデル、特に210-Eを購入予定の方は絶対前のモデルをおすすめします。
新しいのはピックアップのコントロールが付いたのと、後、ピックアップ用の電池が単3が使えるって事かな。(前のモデルは9V)
合板ローズよりも単板サペリの方が印象がとても良かったです。
実売この位で買えるならサブギターとしても十二分です♪

じゃぁ、次回は写真でも♪

« ペグ | トップページ | ナッシュビルチューニング »

AcousticGuitar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Taylor 210-E:

» 島村楽器 [島村楽器]
島村楽器に関した情報を発信するブログです♪錦糸町や三宮、分の島村楽器情報などもどんどん発信していきます!島村楽器ファンの方には必見のブログですよ♪ [続きを読む]

« ペグ | トップページ | ナッシュビルチューニング »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック