2011年2月21日 (月)

機材について思う事

最近、ちょっと感じている事が有ります。

ライブなどで機材を使う事が多く、このブログでは公開しちゃっているので良いのですが、本職が音響屋なので一般の方よりも機材は手持ちも多く使い方も慣れているとは思います。

そんな中で、最近良く話題にのぼるのが。

マイクは何が良い?
マイクプリって必要?
DAW はProtoolsが良い?
やっぱりライブの時は手元でリバーブ使えた方が良い?

などです。
自分の本職をご存知の方からは良く相談も受けます。

が、ここで皆様に提案です。

「一度リバーブとか一切外して、ライブやってみませんか?」

確かにライブハウスなどで音響さんがアコギの事を解っていない場合も多いでしょう。
曲によってエフェクト変えたい気持ちも解ります。

でも一度プリアンプやギターから直でPAに送ってみて下さい。
エフェクト慣れした耳には弱く感じるかもしれませんが、実際の音の解像度は上がっていると思います。

エフェクトは演奏に艶を付加するもので有って、決してメインになってはいないと思うんです。

「タッチの悪さをごまかしたいから」

それも有ると思います。
でも、それでも恥ずかしくなんて無いじゃないかと、敢えて音響屋として言いたいです。
リバーブも小屋にお願いしてみて下さい。

もっとストレートな音でアコギの良い音をライブでやって貰いたいなと。
最近エフェクト指向で、実際のライブでも正直感じている事ですが、エフェクトでレベルもインピーダンスもぐちゃぐちゃになってしまっていて、元の音が解らない人が増えて来ています。

ライブと生音は別物。

それも一つです。

でも、そこを拘るよりもエフェクトはPAに任せて、もっと純粋に演奏を楽しんで欲しいなと思っています。
自分もライブの時は、アンフィニプリから直でPA繋ぎです(笑)


ベリンガーの卓など、安価なモノを使うよりも直で繋いだ方が音は良いですよ♪

ギター弾きと音響屋の狭間に居るからこそ思う所でも有るんですが、もう一度原点回帰でノンエフェクトでやってみませんか?

という、提案でした♪
まぁ個人の好きずきだから口出すなと言われればそれまでですが、良い音でやって欲しいと感じるのは音響屋も一緒ですので、ご勘弁下さいませ♪

では。

Twitter @tamazo_k

2011年1月28日 (金)

メジャースケール:第1回完全初級講座

皆様。
今回から、ちょっと機材以外の事も書いてみようかなと思っているのです。

 又もやTwitterからのネタですが、最近アコギ弾きの間ではいわゆる変則チューニングがもてはやされています。 が、結構色々な人と話しをしていると、ギターで押尾さんなどのコピーは出来るけど自分がどの音(音程)を弾いているのか解らない。 レギュラーチューニングのコードやスケールが解らないという話しも聞こえて来ます。

 じゃぁ、ちょっとみんな一度レギュラーチューニングで弾いてみませんか?

 という提案を兼ねたスケール講座的な某です。
 と言っても、単にスケール表やギターソロを弾く為のスケールって巷に溢れているので、ここではアコギ弾きの為だけのスケール講座的な事を書いてみたいと思います。

 まずは。

 Cメジャースケール。これはいわゆる、ドレミファソラシドです。って、知ってるよって突っ込みも入りそうです(笑)
 じゃぁ下の写真を拡大して見て下さいませ。


Cmaj01001

まぁ、いわゆる音階ですな。

単にドレミファソラシドですが、これ重要です。
左側が開放弦を使ったやつ、右側がフレット移動のみでやる場合です。
右側の表で、2フレット分の移動と1フレット分の移動が有るのは何故か。
それはピアノで考えると解りやすいのですが、ピアノの白鍵、黒鍵、との関係性がそのままギターにも有る訳です。
それがこちら。
Cmaj02002

黒鍵の半音分だけ飛ばしているという事。

この半音と全音の関係性を解っていれば、この表は KeyがCの場合でやってますが、Key がDの場合はこうなるのです。

Dmaj003_3

さっきの鍵盤を思い出して貰えると解りやすいんですが、CからDの間には黒鍵が有るんです。という事は2フレット分上がるという訳で、後の進行の形は同じになっちゃうんです。ここが、鍵盤楽器とギターとの違いというか、フレット移動だけで簡単に移調出来るという。
この楽器の音階の特性を利用して、Keyを変えたい時に使うのが「カポ」です。

結構コピーだけをしていると気が付きにくい所ですが、カポの利用理由はこんな所だったりします。
同じ押さえ方で違うKeyの曲が出来るよという。
鍵盤ではやりやすい曲でも、ギターに置き換えるとC#などのKeyの曲をやる時は、1Fにカポ付けて、コードの押さえ方などをCのKeyで押さえた方が弾きやすいという理由ですよね。

って、話しが逸れましたw

じゃぁ折角アコギ弾きの為のと言っているので、Cのメジャースケールを DADGADで弾くとこうだよ。ってのはこいつです。


Dadgad_cmaj004

ちなみに、DADGADの場合で開放を使わない場合で、3弦のB,C,の音と、2弦のB,C,は同じ音程です。
弦のニュアンスの違いで弾き分けるってのも一つの手ですよね。

こうして並べてみると結構解りやすいのですが、DADGADの場合は、6弦は全音(1音)下がってます。そして、1、2、弦も全音下がってる訳です。
という事は、押さえるというだけでみると、1,2,6,弦に限って言えば、レギュラーチューニングの時と比べて2フレット分上げて押さえればレギュラーチューニングと同じ音階で移動しているという事になる訳です。

なので、まずは曲のKeyを楽譜などで見て(中で転調していたとしても)その音階を弾いてみると、自分が今どこの音を弾いているか徐々に把握出来て来ると思います。

レギュラーチューニングは音階を把握するにはやりやすいチューニングなので、一度レギュラーチューニングで音階(スケール)練習してみるってのも一つの手だと思います♪

次回はやるのかな(笑)
解りませんが、もし要望が有れば考えます。
では。

#追記:Dメジャースケールの図表を差し替えました。2011.01.28.

Twitterアカウント @tamazo_k

2011年1月10日 (月)

2011年一発目!遅いか。。。Ebata Gutar 録音

 新年明けましておめでとうございます。
 と、書いて既に今日は10日ですが(苦笑)
 本年もかなりマニアックな方向になってしまうかなと思いますが宜しくお願いします。

 ここ暫くでアコギ関係の色々な事が有ったので、書いてみたいと思います。

 昨年の12月に最近Twitterなどから交流の始まった、@_inst_さんとのコラボレーション企画で、実験録音アコギはここまで1本で出来てこそロックだ!!(笑)リアルタイムレコーディングUSTREAMもやってますよ2010 in Tamazo Office. を(長いな)やりました。

 この録音の内容はinstさんが噛み砕いてブログにアップされていますので、そちらをご覧下さい(他人まかせ。。。w)

 さて、じゃぁこっちは噛み砕きながらも、もうちょっと踏み込んだ内容を書いてみたいと思います。

 録音環境はTamazoの都内某事務所内録音スペースで、今回の録音システムは以下の通りです。
 
Recsys001

 細かい機材の詳細は、ミキサーがデジタルミキサーで DAW は Protools9 でマイク関係はコンデンサータイプ、ラインをギタープリアンプから2系統入れて、リバーブは仮ミックス用の2系統と、最終ミックスはプラグインのLexiconです。

 で、出来上がったミックスは@_inst_さんのブログで聞いてみて下さい。
 デスペラード
 また会えるその日まで
 が、この環境で録音したものです。

 システム図にラインと有りますが、これはちょっと試しに 使用ギターの Ebata Guitar E1 の時だけ録音をしてみたという感じで、実際のミックスの音にはほぼ入っていません。
 ラインの音(アンフィニピックアップ)は、自分のライブの時の為の単なる実験だったのでw

 と、ここまでは録音の話し。

206828115


 で、ここからはギターの話しw

 今回の録音は、@_inst_さんにご協力をお願いして、Ebata Guitar の音をソロという形で録音をさせて頂いたのですが、やはりTwitter でも言われる事が、Ebata Guitar の音を聞いた事が無い人がやはり多いという所でした。
 なので、Ebata Guitar の音をもっと色々な人に聞いて頂ければなという思いから、今回の企画に踏み切った訳です。 勿論、自分が録音した音源も有るのですが、どうしても一人でDAWのコントロールから演奏、そしてミックスまでというとちゃんとしたクオリティーで録音しようとすると中々手間も掛かりすぎるというのも事実です。

 よりアコースティックな、そのままの音を聞いて頂きたい。
 そして少しでも Ebata Guitar の音が皆さんに届けば良いなと思ってます。


 国内のギター事情としてプロが使うギターだから良い。という、風潮が有ると思うんですよ。確かにそれも事実なのですけど、様々な理由や利権が絡んで来るのも事実で、そこに左右されないギターの音という面での評価というのは正直もっと Ebata Guitar は上がっても良いと思っています。

 このブログを読んで頂いている方々は、自分のギターが結構な本数が有る事をご存知だとは思うのですが、特に Ebata E1 が来てからは他のギターを弾く時間が減ってしまいました。 以前から言っていたように、使ってなんぼのギターなので弾かないギターはそろそろ売りに出そうかと思っています。

 今回の録音を通じて、少しでも Ebata Guitar の良さが皆さんに届けば嬉しい限りです。

 無理を言ってw 2曲弾いて頂いた@_inst_さんに感謝しています。

 そんな訳で、皆様今年も宜しくお願い致します!!


 Twitter : @Tamazo_k


Guitar4

2010年12月10日 (金)

SUNRISEピックアップ

 Ebata Guitar 2号機もようやく落ち着いて来た感じがする今日この頃です。

 今回はちょっと、SUNRISEに関する事でも書いてみようかなと。
 言わずと知れたサウンドホールに取り付けるタイプのピックアップとしては、フィンガー系の人を中心に絶大な人気を誇るピックアップです。

 まぁ、音はそこはマグネットピックアップ。どうしても1、2弦はエレキっぽくなっちゃいますよね。でも、自分は現在3個のSUNRISEを一応専用としてギターに取り付けておりますが、どうも最近の個体は少し音が変わった感じがします。
 勿論材料の調達などの都合で多少の遍歴は有るんでしょうが、今の新品の物の方が以前のものよりもクリアさが増した気がしてます。

 自分はピックアップシステムは、アンフィニカスタムワークスさんのピックアップシステムを主としているのですが、やっぱり出来ればSUNRISEは使いたく無いのです。
 確かにマルチピックアップシステムというのは素晴らしいシステムで、M-Factoryさんの提唱するこの組み合わせというのはとても素晴らしいと思います。

 しかし、普段はSUNRISEはやはり重いんですよ。

 自宅で生で弾く場合はSUNRISEの方向性(TOPの振動を重量で押さえてハウリングを低下させる)というのは必要無い訳で。 ラインで音だしをする時以外は自分は外しておきたい訳です。

 どうしてもTOPの振動が抑えられてしまうので、確かに付けたままで弾いてるとギターがそれに慣れて鳴って来るというよりも自分の耳が慣れて来るんですが、まぁプラシーボの範疇です。

 とはいえ、SUNRISEはTOPを挟み込んで固定をするので、どうしても外すのが結構面倒な訳です。で、一番の問題は外す時にピックアップの端の尖ったが引っかかって抜けにくいのです。
L1040261

で、どうするか。

削りゃいいんです。
今回は400番のペーパーで削りました。

L1040263

こうするとさくっと取り外しが出来ます。

Ebata Guitar を弾いている仲間から教えて貰いました♪

うん、削りゃいいんですw

で、この利点。
取り外しが楽になったのと、実はピックアップの端をストレートにする事によって指が引っかかりにくくなった事、親指置けちゃうw など、結構メリット多いです。

SUNRISEで取り外しが面倒な方はお試しあれ。

で、取り付けたまま移動する場合は。

L1040271

スーパー落下防止段ボールストッパーが便利ですよと。
意外と移動時には外れる危険性が高いので、こうしておけば安心♪
M-factoryの三好さん、アンフィニの藤岡さん推奨だったかと。

お試しあれ♪

2010年10月 1日 (金)

チューニング、されどチューニング

何やら Twitter 上(@tamazo_k) で呟いていたらフォロワーさんが急増したので(苦笑

Peterson tuner APP について書きたいと思います。

まずは Peterson tuner とは?という人の為に、本家サイトです。

チューナー一筋、独自のフラッシュチューニング技術によって、とてつもなく細かいチューニングが可能なチューナーです。
ピアノの調律や弦楽器、はたまた古楽器まで対応するという、元々は完全プロ仕様のチューナー達です。

で、今回書くのはその中でもちょっと異色の iphone, ipod touch で使えるappです。


Mzlizjxkcps320x48075

このチューナーアプリ、日本の app store で1,200円です。
appにしてはちょっと高いのかな?とも思いますが、でもハードのチューナーが数万円している事を考えるとこの値段は驚異的です。

ハードのチューナーと違う点は、スイートナーと呼ばれる楽器ごとの細かいセッティングが無いという点でしょうか。
それが無いとしても、1/10th centでチューニングは可能ですし、チューナーの画面、
Mzliopwupsr320x48075

も、ハードと基本的に同じなので見やすく使いやすいです。

何より使い始めて感じているのは、良い意味でこのチューナーでのチューニングはとてもシビアだという言う事。
本当に細かいチューニングが可能なので、楽器のコードなどのバランスが一気に良くなった気がします。

ちなみに、iphone だとmicが有るのでそのまま音を取り込んでチューニングが可能ですが、ipod touchの場合は第2世代以降でないと対応していないようです。
第2世代以降は、イヤホンジャックの内部部分にマイク入力接点が有るのでオプションのmini-micを差してあげるか、変換ケーブルを使ってライン入力してあげるかという対応は必要みたいです。

ちなみに、変換ケーブルはこんな感じです。

L1040037

app本体が1,200円、変換ケーブルが必要な場合で+2,100円
と考えてもチューナーとしてこの精度が出せるものがこの値段は安いと思います。

特に、変則チューニングなどで音をシビアに決めたい時にバッチリ決まるのは気持ちが良いかと。

実際に iphone のマイク入力だけで使ってみましたが、周りが多少音が有っても結構優秀に音を拾ってくれました。
勿論、変換にクリップマイクなんか付けるともっと良いかもしれないですよね。

ギターに限らず、Vl, Vc, などの人にも是非是非お薦めしたいチューナーアプリでした。

2010年7月28日 (水)

アコギ録音

いやぁ、毎日暑いですね。
ギターの保管にも今年は結構気を使ってしまいます。。。


さて前回書いた、Hiro Ebata 2号機は着々と製作中らしいです。
そろそろ写真とか送って貰おうと思っていますので、届き次第アップしますね。

今回は、久しぶりに録音をしました。
ちょっとお仕事録音のついでに、自分のも録音してしまおうと(笑)


100727_231511

こんな感じです。

マイク2本のみでの録音です。
Pro tools 使用で、エフェクト関係はReverbのみ Pro tools のプラグインで掛けています。

一発録りなので、演奏の拙さは勘弁して下さい。

ギターは、Hiro Ebata / Style D です。
ちょっとした音サンプルになれば良いなと思っとります。

曲はカバーなのですが、Ed Gerhard 氏の Water is wide です。
Music Track のページで聞けるようにしてあります。


ではでは又次回。

2010年4月24日 (土)

Gibson LG-1

実は最近色々思う所も有り、本数整理しとります。
それでも多いと言われてはおりますが。。。

アコギ、エレキと5本売って、こいつがうちに来ました。


こいつのお陰で声を取り戻しました。

割れてるわ、塗装も剥げてるわボロボロなんですけどね。
何故かこいつ癒されるんです。

歌に寄り添うギター、でも泥臭い、なんか今の自分には丁度良いです。

Photo

2010年3月12日 (金)

twitter

今更ながら、twitterを始めて見ました。

見つけたらフォローしてやって下さいませ♪

Dxclr5autzzyxcjv6wrizqjdjh9h0cdh_2


2010年1月30日 (土)

Capo の事

Capo よく無くすのです(笑)
ライブやスタジオで何処かへ無くなったりしませんか?

じゃぁ、名前を書いてしまえば(笑)無くならないのでは無いかと。
でもテプラを貼ったり、ましてやマッキーなどで書くのは嫌だったので、じゃぁ彫り込んでしまえと。

L1030014

下文字などを鉛筆でカポに書いて、ルーターで彫り込んでしまえば、まぁそれなりには見えるかと思った訳です。

流石に彫っている時に写真が撮れないので、完成後の写真ですが。


L1030018


今回は、G7カポとNSカポに彫り込みを入れてみました。
彫った所に色を入れようか迷ったのですが、このままの方が見栄えも良いかなと。

後はカポが無くさないように気をつけねば(笑)

2010年1月24日 (日)

breedlove weissenborn はこんなヤツ

さて、うちにこいつが来てほぼ一ヶ月。
やっと打ち解けて来た感じ(笑)

ワイゼンボーン、アコースティックラップスティール、最初はどうも難しいんだろうなぁと考えていたのですが。。。。
実際、突き詰めると難しい。。。
とはいえ、オープンチューニングなのでスケール追いかけてるだけでも結構楽しいです。

Soundh

サウンドホールはこんな感じで、いわゆるロープバインディング的なロゼッタになってます。
結構好き嫌いが分かれているメーカーさんだと思うのですが、自分は結構好きです。

F

横から見るとこんな感じ。
 フィンガーボードが薄いんです。写真だと解りにくいので載せてませんが、ホローネックが少し順反りな感じで仕込んで有って、抱えて弾く時にポジション(フレット)の視界位置が絶妙になってます。
 フレットはちゃんと打ち込んで有って、フィンガーボードに単なるラインとして入ってます。

 実際の弦高は相当高いので、もうちょい下げても良いかなと思ってますがまぁ追々。。。

Bridge

 ブリッジはそう。breedlove と言えばこの形です♪
 好き嫌いが分かれる所だと思うのですが、自分は結構好きです♪

 もうちょっと breedlove も人気出てくれれば良いんですけどねぇ。。。

 いかんせん現代理店のYAMAHAさんはカスタムラインを中心にしか輸入しないらしく、どうも値段の高い形の変なギターとしての認知度しか無いのが残念。
 まぁ、好き好んでワイゼンボーンタイプで breedlove を選んだ自分もどうかと思いますが(笑)

 さて、今年はもうちょい早めに更新しようと思ってます。 というのも、EBATA Guitar のオーダー2号機がとうとう着手という感じなので、その事なども書いて行こうかと思ってます。
 実は既に材料も決めて、エバタさんの工房で色々打ち合わせしてきてます。

 では。また。

«ワイゼンボーンに惚れる

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック